ホリエモンの特許出願、その内容とは…

02.10


ホリエモンの特許出願、その内容とは…

弁理士の富田です。

 

先日、堀江貴文氏こと『ホリエモン』が
日本の知的財産制度について言及している記事を拝見しました。
彼は奇抜なビジネスアイデアを持っているわけですが、日本の特許制度に興味はないとのことでした。

 

しかし、そのホリエモンも、今から10年以上前に、
インターネット上での広告方法に関する特許を申請していたことがありました。

 

その概要というのは、おおむね次のような内容です。

 

今ではあまり見かけることはありませんが、
今から10年ほど前には、指定されたURLにドキュメントが存在しないことも多く、
その場合、『Not Found』などのエラーメッセージが頻繁に表示されていました。(今でもそうですが…)

ホリエモンは、下の図に示すような感じで(※IPDLより引用)
『Not Found』ページの余白部分にバナー広告などを表示するといったアイデアについて、
特許を申請したわけです。

 

ホリエモンの幻の特許出願

ホリエモンの幻の特許出願

出願人:株式会社オン・ザ・エッヂ
発明者:堀江貴文
出願内容の全文PDFはコチラ

 

上記のように、『Not Found』のページを広告スペースに使うといったアイデアは、今でも奇抜なわけですが、
この特許申請の審査では、「斬新さに欠ける」といった内容の拒絶理由が通知され、
当時のライブドア社がそれに反論しなかったため、最終的に拒絶処分となりました。

 

なお、上で述べたように、現在では、
ウェブページの閲覧において、『Not Found』のページというものを、それほど見かけることはないのですが、
emailの場合には、宛先不明で戻ってくるエラーメール(リターンメール)というものを見かけることがあります。
こういった、宛先不明のリターンメールに『広告』を表示させるなどの内容を特許申請に盛り込んでいれば、
その点について特許が取れたかもしれません。

 

本日もお読みいただいて有難うございました。
虎ノ門 富田国際特許事務所

 

contact03

 

Author Profile

富田 款国際弁理士事務所 代表弁理士
■ 1997年より国際弁理士事務所にて、主に、米国・欧州・日本における知的財産権業務に従事。
■ コンピュータハードウェア、ナビゲーションシステム、メカトロニクス、医療機器、内視鏡、ビジネスモデル、土木技術、掘削装置などの特許技術を担当。
■ 特許の権利化業務では、国内および外国のオフィシャル・アクションへの対応、外国法律事務所へのインストラクションなどを担当。また、米国やドイツのクライアントからの日本向け特許出願の権利化業務を担当。特許の権利化業務のほか、特許権侵害訴訟や特許無効審判、特許異議申立、口頭審理対応、侵害鑑定の業務も担当。訴訟業務では、特許権侵害訴訟のほか、特許無効審判の審決取り消し訴訟を経験。

【専門分野】 特許、商標、意匠、不正競争防止法、侵害訴訟など

【技術分野】 機械、メカトロニクス、金属材料、金属加工、建築土木技術、コンピュータ、ソフトウェア、プラント、歯科医療機器、インプラント、プロダクトデザイン、ビジネスモデル特許など。

【その他の活動】
■ 2013.09.17 セミナー講師: 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部 「職務発明の取り扱い」
■ 2014.04.19 テレビ出演: テレビ朝日 「みんなの疑問 ニュースなぜ太郎」

【富田弁理士への問い合わせ先】
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-9 双葉ビル5F
虎ノ門 富田国際特許事務所
TEL: 03-6205-4272
FAX: 03-3508-2095
※ 富田弁理士へのEMAILはコチラのメールフォームよりお願いいたします。

関連記事





企業概要

【企業名】
虎ノ門 富田国際特許事務所

【所在地】
〒105-0001
東京都港区虎ノ門 1-16-9
双葉ビル5F

【代表者】
弁理士 富田 款

【連絡先】
TEL: 03-6205-4272
FAX: 03-3508-2095
※弁理士 富田に直通です。

【対応可能エリア】
関東エリアに限らず
全国対応可能です。

【外国事件対応】
外国法律事務所との ネットワークが充実しているので、世界各国に対応可能です。
2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

タグ

ニュース・アーカイブ

ページ上部へ戻る